フーディア・・魔法のダイエット食材です。フーディアは神がくれた今世紀最初で最後の 安心な身体のなかから安全にきれいになる食材です。

2008年01月24日

ワシントン条約フーディア

ワシントン条約フーディア
フーディアは、絶滅危惧種でワシントン条約の保護対象と
されている植物です。
そのため、野生のフーディアは輸出入が禁止されています。
栽培されたフーディアのみ輸出入が認められています。

フーディアが育つ環境は限られている
3年以上の生育期間や、政府による栽培のライセンスなども
必要なことから、大変稀少な成分です。


ワシントン条約って厳しいの?
ワシントン条約(英:Washington Convention)の正式名称は、
「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」
という。英文表記の
Convention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Flora
の頭文字をとって、
CITES(サイテス)とも呼ばれる。
野生動植物の国際取引が乱獲を招き、種の存続が脅かされることが
ないよう、取引の規制を図る条約である。
輸出国と輸入国が協力し、絶滅が危ぶまれる野生動植物の国際的な
取引を規制することにより、これらの動植物の保護を図る
(国内での移動に関して、制限は設けていない)。絶滅のおそれのあ
る動植物の野生種を、希少性に応じて3ランクに分類、
これらを条約の附属書I、IIおよびIIIに分けてリストアップし、
計約30,000種の動物を取引制限の対象としている。
いかに絶滅が危惧されていようとも、経済的な国際取引の対象となり
得ない生物はこの条約の対象とはならない。また、
条約により国際取引が規制されるのは動植物種の生体だけではなく、
死体や剥製、毛皮・骨・牙・角・葉・根など生体の一部、および
それらの製品も対象となる。 Wikipediaより



フーディア



 ワシントン条約フーディア
posted by フーディア大好き♪ at 09:41 | TrackBack(0) | ワシントン条約フーディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。